工事費以外にかかる費用について

リフォームにかかるお金というのは、工事費以外にも結構な額になるそうです。

工事費以外のさまざまなお金に関して、工事費支払いのタイミングと合わせて確認しなければならないそうです。

リフォーム会社に工事を依頼するときには、工事請負契約を結ぶそうです。

その際には契約書に印紙を貼るのですが、これが印紙税を納めるということになるそうです。

工事が始まるまでに近隣に騒音などで迷惑をかけるということで手土産を持参して挨拶をしておかなければならないそうです。

1〜2週間前にはしておいた方がいいそうです。また、大規模リフォームとなると、仮住まいを探して引っ越しておく必要も出てくるそうです。

引っ越しは二度になってしまうということと、仮住まいに荷物が収まらなければトランクルームを借りたりすることにもなるようです。

そして工事中には、なるべく顔を出して、工事人をねぎらうということもしておきたいところだそうです。

そのためのお茶菓子代も考えなければならないそうです。

また、リフォームをしたら設置する家具やカーテン、エアコンといった家電製品の購入費も必要となるかと思います。

これはかなりの額になるので、あらかじめ目安を立てて用意していなければならないそうです。

リフォーム費用が高額のときは、工事代金を何回かに分けて支払うのが一般的なのだそうです。

例えば契約時に10%、着工時に30%、中間で30%、竣工後に30%といった具合だそうです。

この回数や時期は会社や契約金額によって変わってくるのだそうです。

ローンを利用する場合は金融機関に支払う手数料や抵当権設定費用、保険料など、増築の場合は、建築確認申請手数料がかかるので早めに確認したほうがいいそうです。

素敵なリフォームで心機一転!のトップに戻る