リフォームを会社に依頼する前に

リフォームをしたいと思っていても、やはり踏み切るのは大変そうだと感じてしまいます。

いつ何をすればいいのか、プロセスに沿って覚えておくといいそうです。まずはリフォーム資金を考えてみることだそうです。

ローンを利用する場合は、毎月の返済額と借りられる額というものを金融機関のシミュレーションサイトで検討してみるといいそうです。

予算が決まったら、各リフォーム会社や建築家がどのようなリフォームをするのかを知る必要があるそうです。専門誌やインターネットで調べたらいいそうです。

自分の好みにあうことをやっている会社や建築家が見つかったら、リストアップしておくそうです。

また実例写真などを参考にするなどして、リフォームの要望をまとめておくといいそうです。依頼先を数社に絞っていき、連絡をとって「現場調査」をしてもらうそうです。

現場調査というのは、リフォームする家の採寸や状態の調査をすることだそうです。これはプランをつくる場合にしなければならないことだそうです。

そのときに自分の要望を伝えて見積もり依頼をするそうです。複数の業者に見積もりを頼んで、比較検討するとよいそうです。見積もりは、プランとセットで提案されるそうです。

金額だけではなくて、設計内容や使われる材料なども確認していくそうです。

依頼先が決まったら、詳細な打ち合わせに入るそうです。この段階になると、最初のプランや見積もりと結構違っていたりするそうです。

これは時間を掛けて打ち合わせをする必要があるそうです。

材料やプランを部分的に変更するということが多いからだそうです。契約を交わすのは、詰めの作業が終わってからにしなければならないそうです。

大幅な予算オーバーには注意してほしいそうです。

タイトルをトップに