外壁塗装で家を長持ちさせる

新築してから数年も経過すると外壁の汚れが目に付くようになります。汚れの原因は大別すると、飛来物による汚染とカビやコケに代表される生物由来の汚れの二つです。ほこりや排気ガスなどが飛来物の代表ですが、放置すればこびりついていきます。コケやカビなどは壁面深くにまで浸透することに。さらに進行すると建物の内部にまで水分が入り込み最悪の場合は家本体の腐食をもたらします。このような状況を防ぐにはこまめな清掃が必要ですが、より長持ちさせるには外壁塗装を活用するという選択肢もあります。外壁塗装は家の外観をよくするという意味合いだけでなく、カビやほこりなどの汚れから家を守り寿命を長くするという機能性もあるからです。