オーダー家具の落とし穴

家具の配置を考えるうえでの「靴箱」は、住む人の足のサイズによっても異なるとされているようです。注文住宅をご利用になられる方にとって、間取りや設置家具のオーダーはの夢のように楽しい時間ともなるでしょう。

ですがそのオーダーの寸法を間違ってしまった場合、そののちには反省の時間と後悔の時間が待っていることにもなり兼ねないようなのです。

反省の時間と後悔の時間と言いますのは、たとえば足のサイズが28センチのご家族がいらっしゃるご家庭では、靴箱の寸法としては、奥行が最低でも30センチ以上はありませんと靴の収納が面倒なことになってしまうでしょう。

靴箱のように収納するものの大きさが、それぞれ靴箱を使用するご家族によって異なる場合、オーダー家具の寸法は要注意となるようです。