色は家の個性を決める

十人十色とはよく言ったもので、本来の意味とは違いますが、色についての好みも、人それぞれ違っているものです。幸せな家庭を築きたいと願う家では、その願いを家の塗装に表したいと思うでしょう。人は見た目で判断してはいけない、ともよく言われますが、家は見た目でその中で生活している家族の幸せ度を判断してしまいます。極端な話ゴミ屋敷と言われるような家には誰も寄りつきませんが、淡いピンクをお洒落に生かした家を見ると、何かこちらまで幸せな気分にさせられてしまいます。一軒一軒色合いの違う街並みが増えれば、遊園地に行った気分、とはいかないまでも楽しく生活が送れるような気がします。