華やかさと静けさが自然と調和する明石町

江戸時代に中心として栄えたことで知られる中央区は、いまでは銀座とまだまだ賑わいを見せる築地場外市場、高層マンション建ち並ぶ湾岸エリアを擁する南北に長い行政区です。

近くには、東京湾から注ぎ込む隅田川がながれ、皇居という日本の中心ともなる場所に近接していながら、華やかさと静けさが不自然さもなく同居するエリアに中央区明石町があります。交通アクセスの良さはもちろんのこと、自然あり下町風情も残るこの地を住まいに求めれる人が多いと言われ、都心でも数少ない永住できるところと言っていいかもしれません。

当エリアに建つマンションは、湾岸エリアの高層マンションとはまた違った風情を漂わす物件の多いことでも知られています。学校が多くショッピングにも便利で、休日には歴史探訪も楽しめる街として、人気は続いています。