屋根塗装に適した時期とは

屋根塗装は一般的に10年くらいの時期での塗り替えが目安で、10年に1回と決めているという人もいます。
10年というのはあくまでも目安に過ぎませんが、時期を決めておけば忘れずに済みます。
厳密には塗料の種類や劣化のスピードによって、屋根塗装の塗り替えに適した時期が決まります。
10年が経過していなくても、気になる変化が見られる場合は屋根塗装を検討すべきです。
具体的には細かなひび割れが発生していたり、白っぽく色が抜けたように見えるケースなどが挙げられます。
他にも雨漏りが発生していたり、屋根塗装の周りでサビや穴あきが生じている場合も同様です。
いずれにしても、屋根塗装は劣化の発見が検討のタイミングで、空気が乾燥していて晴れの日が続く時期に作業するのが理想的です。